2006年10月24日

断食

日曜の午後に、突然体調を壊したHanna。うえ〜っ、なんか気持ち悪い〜って顔してるなあと思ったら、おえ〜っと戻してしまいました。
しかし犬というものは、こういうこともたまにはあるものです。どうせまた草か何かをのどにひっかけたのでしょうと思い、放置してました。

ところがその後も、30分くらいおきに何度もおえ〜っとしているではありませんか。これは、いつもとは様子が違うかも…まさか救急病院行き!?

いつも行っている動物病院は、救急もやっていて24時間スタッフがいます。こういうときにはやっぱり安心。ただし救急は安くないですが(^_^;)

救急が高いからという訳では、決してありませんが…まずは電話ということで、Hannaパパが獣医さんに対処法を聞いてくれました。
結果、その日の晩ご飯、月曜の朝ご飯と2回抜いて、様子を見るようにとの指示でした。それでも吐くようなら連れて来なさい、と。プロにそういってもらえると、まずは様子を見れば良いのね、と安心できます。

しかし、食いしん坊のHannaに、丸一日の断食命令!大丈夫なのかしら〜。

結局、体調の方は、その日の夜以降徐々に良くなったようで、今日(月曜)の夜まで吐くこともなく、普段通りの元気なHannaに戻りました。原因は未だ不明なんですが…。

それにしても、犬って案外空腹に耐えられるものなんですね。きっと、ご飯、ご飯、という顔でしつこく付きまとって来るだろうと思っていたのですが、意外とあきらめが良いのです。それに、私なら丸一日も食べなかったらヘロヘロになりそうですが、Hannaは案外通常通り。お散歩も、スタコラサッサと軽い足取りです。

野生動物なら、一日食べないくらいでフラフラしているようでは生き抜けないでしょう。こんなHannaでも、少しは野生の素質があるということでしょうか。

ちなみに、断食明けの今日の晩ご飯は、鶏肉のおじや。手づくりのご飯は、いつもの茶色いドッグフードより断然おいしそうです。病気の方がいいものが食べさせてもらえるねえ〜、Hanna(^_^;)
posted by Hannaママ at 13:50| サンフランシスコ 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | Hannaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。