2006年02月03日

Talk / Coldpalay

Talk / Coldplay (X&Y)

ColdplayサンノゼのHP Pavillionで、Coldplayのライブを見てきました。またギリギリの決断で、2階のステージ横という変な席からの観賞です。でも今回は、ちゃんと最新アルバムを聞き込んで行ったから…U2のときよりは態度に改善が見られます?

メランコリックな曲調、アレンジが特徴のColdplay、このTalkという曲も、不思議な「さまよってる感」を感じます。半分夢の中のような、宇宙を漂っているような、霧の中をさまよっているような…それが不思議と心地よい。ライブでは、ボーカルのChris Martinのファルセットが、大きなアリーナに映えてました。


曲の印象から想像していたのとは裏腹に、生で見るパフォーマンスは案外元気いっぱいでした。ハードロックばりに全身で叩くドラム、恍惚と弾き上げるギター、体当たりするようにピアノを弾き、ぴょんぴょんジャンプしながらステージを駆け回るボーカル。彼の踊りは微妙だけど…ずっと見ていると、それもありかという気分になります。

別にU2と比較する理由もないのですが、記憶に新しいのであえて言うなら、
やっぱりU2のステージワークは広い会場の隅々まで観客を引きつけるものがありました。それに対してColdplayの場合は、元気なパフォーマンス、客層もU2より少し若い感じだけど、2階にもなればお客さんはほとんど座りっぱなしで冷静な感じ。そこいらへんは、年の功か…。

Hannaパパとのピンポン感染で今年2回目の風邪に苦しんでいるHannaママは、薬の影響もあって低空飛行気味だったので、かえってゆっくり座って音楽を聴かせてもらえて、それはそれで良かったです。「一番後ろの人も歌って!」なんて言われるとウズウズするのですが、喉が痛いのよ今日は、ご勘弁〜。

先日のU2のコンサートでは、ボノさんに誘われてみんなが携帯電話を取り出したら、アリーナ全体がまるで星空のようにきれいだった。携帯は現代のライター(もしくはペンライト)であるということを学んだわけですが、今回もしっとりバラードになったら携帯をだして揺らしているお客さんがちらほら。個人的にはバラードに合わせて光を揺らす趣味はないのですが、あれ使えるかも、です。
posted by Hannaママ at 13:27| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩を楽しむ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
★Hannaちゃ〜ん♪
ママさん〜♪ライブ行ったんですかぁ〜?
ずいぶん大きなステージ見たいですね〜(^^♪
CDで聞くのも〜いいけど・・!やっぱり・・!
ライブ会場で、聞くのは〜最高ですね!

PS. パパさん!お大事に・・・(*^_^*)
Posted by candyママ at 2006年02月05日 00:55
candyママさん、
これだけ広いアリーナだと、音響もそこそこです。でもやっぱり、ライブでしか味わえない良さというものがありますよね〜。
健康だったらもっと楽しかったはず…(泣)
体調管理には以後気をつけますっ

Posted by Hannaママ at 2006年02月05日 03:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。