2005年04月03日

日本の検疫

駐在ファミリーである私たちにとって、いつも心の片隅で心配に思っているのが、日本への帰国の際の犬の検疫です。「帰国するとき、Hannaちゃんも連れて行くの?」ってよく聞かれるのですが、もちろん連れて行きますよ!家族ですから。
去年の11月に法律が改正され、事前に準備がきちんとできている犬、猫は、いままで2週間だった係留が12時間以内(実際は、その場で釈放!)になったということは、なんとなく知っていました。ところが、Corinaちゃんママに、その準備というのがかなり大変になったらしいとの指摘を受け、先日慌てて詳細を調べてみました。
詳しい情報は動物検疫所のウェブページに載っています。

私の理解によりますと、何もしていない状態からだと帰国の準備に最低でも7ヶ月から8ヶ月もかかってしまいます。あくまでも、私が書類を読んで理解した範囲ですが、次のようなステップが待ち受けています。
(1) マイクロチップ挿入(ISO規格に準拠したもの)
(2) 狂犬病予防接種2回(間隔1ヶ月以上)
(3) 血液検査(農水省の指定する機関で。アメリカには2カ所あるようです)
(4) 6ヶ月の待機期間
(5) 帰国40日前までに事前申告
(6) 帰国直前に最後の健康診断+USDAから裏書きをもらう

帰国が決定してから行動していたのでは到底間に合いません!このうちどれが欠けていても、検疫所で6ヶ月も係留されてしまいますから要注意です。

Hannaも早速、マイクロチップを入れてもらわなくてはいけません。しかしこの、農水省の指定している国際規格というのが曲者です。主にヨーロッパで採用されているこの規格、アメリカの獣医さんはあまりよく知らないのです。通常マイクロチップを入れる主な目的は、ペットが迷子になったときに、首輪や名札が紛失していても飼い主がわかるということです。そういう意味では、アメリカ国内でどこでも読めるチップであれば、十分だからです。今までにたくさんの犬を日本に送り出してきたというHannaのかかりつけの動物病院ですが、それでもマイクロチップの国際規格については把握していませんでした。わかったことはただ一つ、この病院で扱っているのはHome Againというもののみということです。

電話で問い合わせたところ、検疫所の認識ではこのチップは指定の規格外に当たるそうです。メーカーのウェブサイトには、規格の付則に準じている、と書いてあるんですけどね。それでも、検疫所で読めるという確証はないといわれました。その場合は、自分でこのチップが読めるリーダーを持参しなければなりません。

国際規格に準拠しているチップを扱っている病院をさがすか、あるいは規格外と知りつついつものお医者さんにお願いするか…悩ましいです。
posted by Hannaママ at 04:53| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の検疫と帰国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!
犬の検疫を調べていたらこちらのホームページにたどり着きました。
私たちは9月の半ばにうちのワン子をつれて日本へ帰国します。
マイクロチップと血液検査など準備万端だったのに、40日前まで届けでをするのをてっきり忘れていて、今ばたばた!
なんだか検疫の仕組みがわからなくて、。。。
シリコンバレーということで、私はシスコに住んでいます。
なにか情報交換できたらいいですね。
それではこれから、はなちゃんの日記を読ませていただきます!
Posted by sarami at 2005年08月03日 05:55
saramiさん、はじめまして

6月からいよいよ新しい検疫制度が履行されてますが、いろいろややこしくって混乱しますね。
でも、輸入の届け出まで済ませれば、あとは書類を整えていくだけですから…もうあと一歩。空港から一緒に帰れるのは、うれしいですよね。

帰国わんこの先輩として、今後ともアドバイスなどお願いいたします。

SFにお住まいなんですね。KAGEくんのブログ、のちほどゆっくりお邪魔させていただきまーす。
Posted by Hannaママ at 2005年08月03日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

検疫のこと
Excerpt:  日本へ引っ越しする日もどんどん迫っているのに、なんだか実感がわきません。ダンナさんのビザは、全く簡単でしかも無料!(なんと米国人だけらしいです)グリーンカード申請する過程と比べると、本当に簡単なもの..
Weblog: i HeART My PUpPy!
Tracked: 2005-08-03 14:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。