2005年04月04日

マイクロチップ追加情報

先日、日本の検疫制度の変更により、犬に個体識別用のマイクロチップを入れなくてはいけなくなったという話を書きました。アメリカで一般に普及しているマイクロチップ"Home Again"はISO準拠なのか?検疫所で読めるのか?誰からもはっきりした回答が得られずもやもやした気持ちだったのですが、簡潔かつ明快に解説しているサイトを発見しました。
http://dogtraining.kerman.com/quarantinej.html
このサイトの情報によれば、Home Againも日本の検疫所で読めるということのようです。ちょっとスッキリ。ここまで言われても、帰国の時に念のためリーダーを買うかどうか、迷ってしまいそうなのですが。

ところでこのページ、犬の訓練士さんのサイトなのですが、さすが大都会ニューヨーク。日本語で教えてくれる訓練士さんもいるんですね。きっと獣医さんも、日本人の先生がいるんでしょうね。ちょっとうらやましいです。
posted by Hannaママ at 00:00| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の検疫と帰国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hannaママさんこんにちは♪
またもや検疫の件で頭が痛いのですが。。。。
日本への届け出40日前の書類は無事なんとか終えました(ホッ
が、日本へ出発前にするFromC(獣医さんに記入してもらう)と form Aを記入した後、43時間以内にOFFICIAL GOVERNMENT STAMPをもらう場所がどこだか知っていますか?Hannaママさんの上記の簡単に説明してあるHPも見たんですが、カリフォルニアにはないのでしょうか。。。
48時間じゃ不可能ですよぉね?またもっと調べてみますが、もし何か情報があったら教えてください。
Posted by sarami at 2005年08月08日 14:05
saramiさん、こんにちは!いよいよ出発が近づいているんですね。

USDAのendorsementですが、まだ先のことと思ってちゃんと調べていませんでした。カリフォルニアのオフィスはサクラメントにあるということしか、知らないんです。情報はこちら:
http://www.aphis.usda.gov/vs/area_offices/california.htm

郵送で48時間以内なんて厳しそうですよね。その頃には家だって引き払っているでしょうし。
SFの領事館や、日系の引っ越し屋さんに尋ねられてはいかがでしょうか?先日お会いした○通の方は、新制度で帰られたお客さんが何人かいるとおっしゃってましたよ。

あまりお役に立てなくてごめんなさい〜
Posted by Hannaママ at 2005年08月08日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2791724

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。