2007年03月24日

動物病院納め

帰国のフライトまで、いよいよ秒読みに入りました〜
今日は、最後の健康診断のため獣医さんへ。

この病院に来るのも今日が最後、な〜んてことは全然知らないHannaは、いつもどおり大喜びです。

待合室で、隣のラブパピーちゃんと目配せ。
待合室

受付周辺で、あいさつ運動推進中。
あいさつ


動物病院の待合室って、なんだか賑やかで楽しい。病気の犬もいるはずなんですが…犬たちって悲壮感がないのです。

パピーの頃からずっとお世話になって来た女医のClifton先生に、しっかり最後の検診をしていただきました。いつも陽気でテキパキ仕事をしてくれる、technicianのMandiちゃんも、Hannaのことをぎゅーっとハグハグしてくれました。
そして検疫用の書類もばっちり記入してもらって、お別れ。
書類は検疫所にファックスして、チェックしてもらいます。その後、来週USDAのオフィスに行って政府のお墨付きをもらえば、準備完了。

この5年、信頼できる先生とスタッフに出会えて、Hannaの健康管理に関してはいつも安心でした(^o^)

そうそう、Adobe Animal Hospitalにいるとの噂だった、日本語ができるtechnicianの方、確かにいらっしゃいました〜。一言ふたこと言葉を交わしただけですが、いざという時には心強いでしょう。
posted by Hannaママ at 14:26| サンフランシスコ ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日本の検疫と帰国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ,ですね.

無事に日本に入ることができますように.

Hannaさん,無理せず,元気に来るんだよ.
Hanaも待っているよ.
Posted by Hana父 at 2007年03月24日 16:00
Hannaちゃん あと少しで日本へ来るんだ
日本にもいいお医者さんがいっぱいあるよ
Posted by らんちっち at 2007年03月24日 18:44
「最後」と言う言葉にちょっと胸がキュンとしちゃいました。
でもそれはまた新しい人生(犬生?)の始まりでもある別れだもんね。

Posted by purihana at 2007年03月24日 21:40
想い出の所〜ひとつひとつ、お別れですね。
Clifton先生も、かわいいHannaちゃんと
お別れするの淋しい・・・Hannaちゃんは、
お別れ〜ってしらないから・・・きっと
先生ハグハグに、しっぽブンブン♪
だったでしょうからね。
(ママは、ウルウルでも〜)
お友達WANsも〜無事に\(~o~)/
帰国なさっているのですから、
Hanna嬢も〜(*^^)v
いつも通りの体調整えるだけですね。
どうぞ〜ママも気をつけて〜
ママが元気で(*^^)vニコニコなら〜
Hannaちゃんも
「う〜〜ん!飛行機乗ったら、何かいい事!
ありそうだ!って〜」感じるわよ!
Lab娘は、ママの顔色見てるから〜〜〜(^_-)-☆

PS・
USAでフードの缶詰の件で!\(◎o◎)/!
大騒ぎになっているという記事、読みました。
(検索パニック?になっているって)

*荷物の盗難に ご注意を〜
LA・空港職員の仕業じゃ〜
  WANも見つけられませんよね。(^_-)-☆
Posted by candyママ at 2007年03月24日 22:51
Hana父さん
いよいよです。
東京で大きいHanaちゃんに会えるのを、楽しみにしていま〜す(^o^)
Posted by Hannaママ at 2007年03月25日 12:35
らんちっちさん
ランチくんのお医者さんは遠そうだけど、ご近所にいいお医者さんがいることを願ってます。
その前にまずは、家探しですが(^_^;)
Posted by Hannaママ at 2007年03月25日 12:38
purihanaさん
そうですね。
Hannaはアメリカ生活を卒業です(^o^)
日本での新しい暮らしも、きっと持ち前の明るい性格で楽しく過ごせると思います。ラブはその点は安心ですね〜。
Posted by Hannaママ at 2007年03月25日 12:43
candyママさん
いつもハッピーなのだけがHannaの取り柄です(^o^)さよならも笑顔で。
みんなで元気に、海を渡りま〜す。
Posted by Hannaママ at 2007年03月25日 12:44
Hannaママさん、はじめまして♪

こちらは去年の9月に旦那の転勤に伴い、黒ラブ(4歳♀)を連れて大阪からSanta Claraに引越ししてきたものです。
うちのワンコもhana(ハナ)と言いまして、スペルは違うけど同じ黒ラブでお近くに住んでいらっしゃるようで、以前よりhannaちゃん日記を見させていただいておりました〜

いつもは見させて頂いていただけなのですが
先週の土曜日に狂犬病のワクチンを受けに知り合いの方から紹介して頂いた病院に行ったところ
先生が「昨日、同じハナちゃんという黒ラブの子が日本に帰る準備のためにきていたのよ」と言われ、
これはもしかしていつも拝見しているhannaちゃんのことでは?と思い久しぶりに見させていただくと先生の名前が同じで、うわ〜偶然!と勝手に盛り上って、コメントを残した次第です。

私達がハナを連れてきた時も同じように「犬の輸出検疫証明書」等、山のように作成する資料があって引越しの中で一番大変でした。
でも検疫の職員の方たちは思っていた以上に親切で事前に必要資料について教えてもらい、作成した資料も確認してもらって何度が修正した後これでOKということにあれば、当日は20分ぐらいで手続きは終りました。

ちなみに日本から出国する場合は、抗体検査後の180日間の待機期間は必要なかったです。
その理由を検疫の方に聞いたところ、「日本では狂犬病は撲滅しているので結果の抗体値は本当にワクチンが効いているということになるが、USはまだ狂犬病発生国なので抗体値がワクチンが効いているのか、本当に狂犬病だからかが分からないので、それを180日間で確認するため」と言われなるほど〜と納得しました。

もうすぐ帰国されるということですが、hannaちゃんが無事に入国できることを祈ってます〜




Posted by ハナママ at 2007年03月27日 03:28
ハナママさん、はじめまして。
ほんと、こんな偶然があるんですね〜。我が家でも大興奮してます(^o^)直接お会いできなかったのが、とても残念です。

日本は狂犬病のない国だから、こんなふうに検疫が厳しいんですよね。書類に不備のないように用意するのは、とても神経を使いますね。

ハナママさんは、ブログはされていないのですか?始められたらぜひ、お知らせくださいね(^o^)
Posted by Hannaママ at 2007年03月27日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。