2007年04月17日

動物病院デビュー

Hannaママといっしょに実家に下宿中で、未だに住所不定犬のHanna。でも、ゴールデンウィーク頃には引っ越しができそうになったので、それに合わせてHannaパパ&ママの転入手続きと、同時にHannaの登録をする予定です。

転入先の区役所に問い合わせたら、アメリカの予防接種でも1年間は有効だけれど、4月からちょうど新年度なので今年の分の接種をしてくださいとのこと。本当は3年有効のワクチンだったんですが、まあ仕方ない。

引っ越してすぐだと、知らない土地で急いで獣医さんを捜すことになり大変。そこで、実家の柴犬ひなちゃんのかかりつけの動物病院へ、一緒に行って来ました。

注射には強いHanna、あまりにもあっという間の出来事で、写真も撮り忘れ。

ついでに体重も測ってもらいました。26kg。大人になってからのベスト体重は28kg台後半から29kg程度でしたので、2kgほど体重が落ちています。さすがに引っ越しの疲れが出ているのでしょうか。まあ、快食快便ですから、とりあえずこのまま様子を見ることにします。先生も、この体格ならこれくらいの体重で大丈夫ですよ、とおっしゃっていました。

ところで、この体重の計測というのがちょっと曲者。診察台を兼ねた体重計なので、高いところに乗せなくてはいけないのです。いつもは怖いもの知らず風のHannaですが、実はこういう足元が滑るような高いところが苦手。当然、自分で飛び上がってはくれないので、先生と二人でヨッコラショ、と持ち上げて乗せてみました。1回目は、恐怖のあまり即座に飛び降り。2回目にはちょっと観念した様子だったのですが、4本の足をカチカチに固めて、台にしがみつくように必死で伏せてました(>_<)まるで強風の中、東京タワーのてっぺんに乗せられたかのような緊張ぶり。

でも、また先生と二人でヨッコラショ、と降ろしてあげたら、もとの元気なHannaに戻って、おしりフリフリ、愛想フリフリ〜(^o^)病院好きは未だ健在のようです。
posted by Hannaママ at 14:41| サンフランシスコ ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | Hannaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランチも今日 病院に行ってきたよ
アメリカではワクチンは3年間有効なんだ アメリカ的だ
診察台&体重計はランチもどきどき
腰が落ちちゃいます ランチは先生が簡単にもちあげちゃうけど HANNAちゃんはたいへんだね
(今日は違う診察室だから安心)普通の体重計もあるから 今日はそちらで計りました
Posted by らんちっち at 2007年04月17日 19:46
らんちっちさん
ランチくんも今日はお注射の日だったんですね〜。奇遇です!今ちょうど、そういう時期ですもんね。
病院によっては、普通の体重計もあるんですね。ちょっぴり安心しました(^o^)
Posted by Hannaママ at 2007年04月17日 21:39
Hannaちゃん、体重測定がんばりましたね〜♪
固まってジッと耐える姿を想像したら、グッときました
お引越し先もメドがたったみたいでよかったですね(^^)
Posted by minff at 2007年04月17日 23:23
あ、狂犬病の予防接種されたんですね。実は私は去年は例の検疫所での書類を持って、保健所に提出したらすんなり受理されてしまったので受けさせてなかったんです。今年は獣医さんからちょうど他の5種混合などを受けて一ヶ月だから狂犬病の注射をと言われ、アメリカでやったやつは有効じゃないのかを確認してもらってました。やっぱりお役所の方は日本の法律に沿ってになると受けさせなければいけないわけだけど、獣医学的には予防接種は有効、とのすごーく曖昧な言い方をされたらしく、絶対うけさせないととは言われなかったらしいんです。先生もそれはオーナーの判断で、とおっしゃられたので、有効期限までの間は、例の書類で通しちゃおうかと(w)思ってたりしている私です。
Posted by Hana's Mom at 2007年04月19日 08:18
minffさん
大きな体で必死に診察台につかまっているHanna、グッと来るというより、ちょっとププッって感じでしたよ〜(^o^)
Posted by Hannaママ at 2007年04月19日 08:52
Hana's Momさん
成田の検疫所で言われたのですが、海外の予防接種で登録を受けるかどうかは自治体によって異なるそうです。必要ないなら、何本も注射しない方がいいですよね。きっとそれなりに、体にも負担のはずですもんね。
Posted by Hannaママ at 2007年04月19日 08:55
Hannaちゃん♪予防接種して来たの〜
日本の先生は、やさしかった?(^_-)-☆
CANDY家は、まだ〜でーす。
39.5kgのブライアンが、診察台に乗せる時〜
ヨッコラショ〜です。
アリスが、落ち着きませんね。
そんな時は、手の中に小さいウインナーの切った物を
忍ばせて〜鼻の所でかがせながら・・・
ステイさせています。いい子で〜終えたらOK!
あげます。
(ホントにちっちゃい消化のいいもので〜好きな物で)
ちなみに〜キャンディーは、バッチリ〜
○○さ〜ん!呼ばれたら・・・(*^^)v
スタスタ♪診察室へ入って行きます。
先生に〜いつもほめられています。
でも〜昔は、待合室で震えていました。(^_-)-☆
Posted by candyママ  at 2007年04月19日 22:29
すっかり忘れてましたが、日本の動物病院は体重計と診療台が一体になってるんですよね。。。
うちの子は自分で乗れないので、その度に苦労した記憶がよみがえりました(*^_^*)。
その点、アメリカの体重計は、大型犬にとっては楽なんですね〜。
初めて病院に行った時は、画期的だと感心してしまいましたもの。

Hannaちゃんと一緒に住めるお家も見つかった様で、一安心ですね♪
Posted by エルママ at 2007年04月20日 04:38
candyママさん
先日の獣医さんは、言葉少なながら動物好きがにじみ出ているかわいい女医さんでした(^^)例えて言うなら…「動物のお医者さん」の菱沼さんみたいな、ちょっとのんびり系?
candyちゃんは自分の名字も知っているんですか〜?すごいですね!
Posted by Hannaママ at 2007年04月20日 20:24
エルママさん
エルちゃんも診察台は苦手なんですね〜。だって体がギリギリいっぱいくらいの大きさしかないですもんね。
アメリカでは、診察も大型犬は台に乗せずに見てくれますから、ヨッコラショとしないで済んで楽ですよね(^^)
Posted by Hannaママ at 2007年04月20日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39017256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。