2005年08月06日

血液検査

2回目の狂犬病予防接種を済ませてから、1ヶ月ほどたちましたので、今日は病院に行って血液検査です。

病院のスタッフが二人がかりで血液を採取してくれました。一人は保定係、もう一人が採血します。部屋の隅にHannaを座らせて逃げられないようにして、あごを持って上を向かせます。犬の採血って、どこからするのかな…?と疑問に思っていたのですが、今日は首のところにある静脈からの採血でした。

ちょっと興味がわいたので、犬の採血についてgoogleでサーチしてみました。すると、『新米獣医師へ』と題したページを発見。

獣医さん向けのページだけあって、医療行為の説明なのに軽いテイストなのが面白い。特にこの一節、
この時、確認を怠ってあてずっぽうに刺すとたいていの新米さんは血管に刺さらないか、血管を突き抜けてしまいます(笑)。

(笑)って…ふらふらそれって深刻じゃないの???
posted by Hannaママ at 14:46| サンフランシスコ ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日本の検疫と帰国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちも数年後にはやらなければ。本日は一気に注射×3本やったんですが、可哀相でみてられませんでした。こんなおチビがわけもわからず背中に針さされたら恐いだろうなって。痛いよう!って鳴くし。先生たち(3人がかり)が上手にやってくれたおかげで割とすんなり終わってホッとしてます(^▽^;)
Posted by cinnamon at 2005年08月06日 16:44
cinnamonさん
今日は病院でニアミスしたようで…うちは朝のアポでした。

体の小さい子に注射は、やっぱり可哀想な感じがしますよね。注射針の太さはたぶん、ほとんど同じなんでしょうから…。

その点Hannaは、体も大きいし能天気なため、怖がったり痛がったりしなくて気楽です。

とにかく、無事に済んで良かったですね!
Posted by Hannaママ at 2005年08月06日 17:57
こんにちはー、ネットで色々検疫のことを調べててたどり着きました。私も来年の頭辺りに帰国するかもしれないので準備を始めてるところです。

Hannaさんの日記読んでHome Again社のマイクロチップが使えるとわかってかなり安心しました。これで迷い無く装着できます。

ひとつ質問なんですが、病院で採取した血液は自分で送るんですよね?血液採取後、どう行動したらいいのかいまいちわかりません。病院がある程度やってくれるんでしょか?(血清の分離とか、送付など)

まだまだ血液検査までは期間があるんですが今から色々心配してます。Hannaさんの経験談を教えてもらえたらうれしいです。

長々とコメント失礼しましたーっ!!
Posted by hitomi at 2006年04月06日 16:22
hitomiさん、はじめまして。

hitomiさんも、わんちゃんを連れて帰国の予定なんですね。

血液検査ですが、ウチの場合は血液の採取からラボへの送付、費用支払いまで病院がすべて代行してくれました。でも、病院によってどこまでしてくれるかは異なるようなので、かかりつけの獣医さんに相談されたほうが良いと思いますよ〜。

日本に帰国するために準備しているということを、今のうちから話しておくと良いと思います。獣医さんが検疫の内容を把握していれば楽なのですが、現実にはそんなことはないと思った方が無難。ウチは毎回、動物検疫所のサイトからダウンロードした英文の説明をプリントして持って行きました。そしたら、ああ、抗体価の検査ね、といってスムーズにわかってもらえましたよ。
Posted by Hannaママ at 2006年04月06日 17:18
今年の1月に,Hanaを連れ,日本に戻りました.

予め,いろいろと準備をしていきましたので,
成田での検疫は1時間程度で済ませることが
できました.

が,いろんなハプニングもありました.
獣医が作った書類が間違っていたり,USDAの
スタンプがなかなから貰えなかったり,など
など.

心配してもしょーがないので,予め,いろん
な手を打ちましたよ.

1.HomeAgainのチップを成田の検疫所に持っ
て行き,読めることの確認.
 今は,大丈夫です.
2.記入した書類を,2,3度と成田にFax
して,間違いがないか,確認.
 これはやっておいて正解でした.やはり
間違いがありました.
3.獣医さんには,早めに連絡しておき,
彼らも慣れてもらう.
 輸出に慣れている獣医も居ます.自分で,
成田の検疫所のホームページから英語の文書
をダウンロードし,勉強しれくれました.

などなど.
Posted by Hana父 at 2006年04月06日 18:51
今年の1月に,Hanaを連れ,日本に戻りました.

予め,いろいろと準備をしていきましたので,
成田での検疫は1時間程度で済ませることが
できました.

が,いろんなハプニングもありました.
獣医が作った書類が間違っていたり,USDAの
スタンプがなかなから貰えなかったり,など
など.

心配してもしょーがないので,予め,いろん
な手を打ちましたよ.

1.HomeAgainのチップを成田の検疫所に持っ
て行き,読めることの確認.
 今は,大丈夫です.
2.記入した書類を,2,3度と成田にFax
して,間違いがないか,確認.
 これはやっておいて正解でした.やはり
間違いがありました.
3.獣医さんには,早めに連絡しておき,
彼らも慣れてもらう.
 輸出に慣れている獣医も居ます.自分で,
成田の検疫所のホームページから英語の文書
をダウンロードし,勉強してくれました.
Posted by Hana父 at 2006年04月06日 18:52
Hana父さん、

先輩帰国犬の体験談はとっても参考になります〜
ウチもHanaちゃん家をみならって、スムーズに帰国を目指しますっ(^^)
Posted by Hannaママ at 2006年04月07日 01:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5667271

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。